Googleアナリティクスでアクセス解析~情報収集のススメ~

PC

豊富な機能

パソコン

Googleアナリティクスではセッション数を詳細に設定することができ、30分という時間を1分から4時間まで設定することが出来ます。そのためサイトの特性に合わせて時間調整が可能で、より厳密なセッション数を図ることも可能です。これらデータを用いることで適切なサイト運営を行なうことができるようになるでしょう。またセッション数以外にセッション時間も集計することが可能です。ダッシュボードでは平均のセッション時間が表示されるため、ユーザー全体が純粋にサイトを見ている時間をチェックすることが出来ます。あまりにも短い場合はコンテンツを充実させるといった対策が必要になることもあるでしょう。そのことから、Googleアナリティクスを用いる時はあらゆる指標を用いて正しく分析し、効率よくサイト運営を行なうことが大切になります。

Googleアナリティクスはとりあえずあらゆる分析ができるWEBサイト分析サービスの中でも機能が豊富という特長を持っています。Googleアナリティクスではまず通常のPV集計も可能ですし、ターゲットを絞り込んでアクセスユーザーの行動を把握することも可能です。PV以外にもコンバージョンなども設定することが可能ですし、リアルタイム集計にも対応しています。
Googleアナリティクスではまだ出来ない機能というのもいくつかあり、例えばヒートマップを作成する機能などはまだ利用することが出来ません。そのため、ヒートマップがどうしても欲しいという時は、別のWEBサイトサービスも利用する必要が出てくるでしょう。ただしヒートマップはPVやアクセス流入経路である程度推測することができ、Googleアナリティクスで集計したデータを精査するとオリジナルのヒートマップを作ることも可能です。

集計する

IT

Web上での消費者行動を確かめるためにはGoogleアナリティクスを代表とするアクセス解析ツールが欠かせません。Googleアナリティクスはあらゆる形式にエクスポートすることができます。

View Detail

動向を知る

IT

ユーザーの動向を知ることはホームページの質を向上させるためにも欠かせない事です。Googleアナリティクスを活用することで分かりやすくその情報を集めることができます。

View Detail

情報を発信するためには

パソコン

ホームページをユーザーがどのように見つけているのかアクセス解析ツールの機能を活用することで把握することが可能です。Googleアナリティクスを活用するとSNS上での企業の知名度を把握することも可能です。

View Detail